女の人

低刺激で肌にやさしいものを|アトピー肌でも安心して使える化粧品

正しいピーリングの仕方

ソープ

基本的な洗顔法

エステサロンのピーリングが自宅でできるのがピーリング石鹸です。ピーリング石鹸があれば、エステに通わなくても手軽に角質ケアができます。ピーリング石鹸は間違って使うと肌にダメージになるので、正しく使うことが大切です。どんな石鹸にも共通していることですが、洗顔前によく手を洗うことです。手に油汚れやがついていると、石鹸の泡立ちが悪くなるからです。よく手を洗ったら、ぬるま湯だけで顔を前洗いします。ピーリング石鹸は泡立ちが良くないものが多いので、泡立てネットを使ってよく泡立てるのがお勧めです。そうすればが素早くクリーミーな泡が出来上がります。そして、よく泡立てた泡を前洗いしておいた顔に乗せていきます。脂っぽいTゾーンから乗せ、次にUゾーン、頬と乗せていくのがコツです。目の周りや唇は皮膚が薄いので、そのエリアは避けて乗せていくことが大事です。顔に泡を乗っけたら、30秒ほど放置して、すすぎ洗いをします。ピーリング石鹸は普通の洗顔石鹸のように泡で肌をこするのではなく、泡を乗せる程度にするのがポイントです。擦ったり、長く洗顔したりすると肌に負担になるので要注意です。洗った後は清潔なタオルで水分を拭き取り、いつものようにスキンケアをします。ピーリングをすると皮脂が沢山落ちるので乾燥します。洗顔をしたらすぐに化粧水をつけるのがオススメです。ピーリングをすると角質が柔らかくなるので、いつもよりぐんぐん化粧水が浸透しているのを実感できます。